G.I.F.T in natureの目的

今、日本では間伐が遅れ放棄された山林が増えています。

そこは日の光が差し込まない“暗い森”となり、

そこに生育する植物は偏っていき、

それを糧とする生物もまた偏っていく。

それは生物の多様性という面から考えると

よい環境とは言えません。

そして、そのような森は人と共存していくことも難しく、

ますます手入れされなくなっていく。

 

取り戻していくためには、人が積極的に

森の手入れをしていく必要があると考え、

森をつくり、担い手を育て、森の恵みを活かす。

その営みがまた森をつくっていくという持続可能な

サイクルが回っていくことを願って活動しています。

 

そのために森の担い手を育成していくこと、

そして山と共に暮らす人たちが生活をしていけるよう

「林業の六次産業化」を目指しています。

 

私たちは、

これからも人と森とが永く共に暮らしていける関係を

NPO法人G.I.F.T in natureを設立し、

広く同じ危機感をいだいている人と協力して

森の保全を進めていきたいと思っています。

© 2019 by NPO法人G.I.F.T in nature.